FXよりもシンプルで初心者におすすめのバイナリーオプション



バイナリーオプションは、投資した銘柄の値動きによって利益を上げるのではなく、その値が一定期間内に上昇するか下降するかを予想するだけ、という非常にシンプルな取引方法のひとつです。その購入方法も株式やFXなどとは違い、銘柄に直接投資するのではなく、チケットを掛け金として購入するというものなので、購入したら後は値動きを見守るだけでよけいなことを考える必要はありません。

そして予想が当たればチケット代の倍の金額が返ってくる、という払い戻しも非常にシンプルな方法となっているので、株式やFXのように大きな利益を上げることは難しいですが、予想が当たればかならず一定の利益を手にすることができます。もちろんこれは逆も言えて、仮に外れたとしてもチケット代を失うだけなので、株式やFXのように思わぬ損失を生むといった危険性もまったくないのです。

関連ウェブサイト: 通貨ペア.net

また、投資の初期段階で必要となる金額自体もとても少くて済む、というのも株式やFXに比べて大きな特徴といえるでしょう。少額から始められるといわれるFXであっても、それなりの取引をしようとすれば最低でも万単位のお金は必要となってきます。

しかしバイナリーオプションならば、50円からの取引額でも始めることができるので、1万円もあれば十分に取引を堪能することができると思います。もちろん50円からでは利益もあまり得られないのですが、何度も勝てばそれなりの利益は積み重なっていきますし、取引に慣れて自信が出てきたら、大きな利益を狙って最大値まで掛けてみるのもいいでしょう。多くの会社では、最大で50ロットまで購入できるようになっています。

このようにいたってシンプル、かつリスクも低い仕組みなので、何か投資を始めたいと思っている初心者の方には非常におすすめの取引ということができると思います。また、取引できる銘柄の数も非常に種類が豊富で、株式や債券取引なども含め、FXのように通貨だけを対象にしているわけではありません。
FXでは通貨ばかりでどうしてもワンパターンで飽きてしまう、というような方にもおすすめといえるのではないでしょうか。

バイナリーオプションを始めようという方は、口座に関してはFXと同じように専用のもの開設する必要があります。またこれもFXと同じように、キャッシュバックのサービスなども広く行われているので、はじめのうちは損失のリスクなどをあまり考えることなく、慣れるまで繰り返しやってみるといいのではないでしょうか。慣れて勝つ方法をおぼえれば、いずれ大きな利益を得られるようにもなると思います。


 

一押し24オプション業者

  • FXに必要なものと言えば

    FX(外国為替証拠金取引)に必要なスキルは、専門知識に加えて、パソコンと英語 です。

    まず、実際のトレードはモニターにリアルタイムの値動き(チャート)を表示させ、必要に応じてパソコンで操作します。この操作に慣れるには、パソコンのス キルが高いほど早くなります。  

    一方、英語が必要になるのは、特に海外のブローカーを通じて、高いレバレッジの取引を行うときです。また、最近普及が進んでいる自動売買ソフト(EA)の制作者は、日本国外が多く、やりとりや情報収集には英語のスキル(読み・書き ・会話)が必要です。