安心が魅力 XEMarkets

XEMarkets(エックスイーマーケット:愛称XM)は、屋号および一部のmeta trader4機能を変更・リニューアルのうえ、2012年7月にサービスを開始。当時、日本において比類のない知名度と人気を誇っていたTrading Point of Financial Instruments Ltd社(トレーディングポイント社)を親会社としています。  

XEマーケットを運営するトレーディングポイント社は、キプロス証券取引委員会(CySEC)による認可後、2009年に営業開始した優良海外FXブローカーです。リクオートの無い取引環境と入金ごとのボーナスが信頼の決め手となって、日本でも2011年頃から右肩上がりにユーザー数を続伸。運営スタッフ等のバックオフィス環境・サーバインフラ・入出金方法・レバレッジほかのサービスを、トレーダーの熱い要望に応えてリニューアル。XM.comとして、最高のトレード環境を提供することに成功しました。

「マイクロアカウント」「スタンダードアカウント」「エグゼクティブアカウント」の3種類のアカウントを用意しそれぞれがマイクロロット(0.01LOT)、また円口座にも対応。さらに「マイクロアカウント」「スタンダードアカウント」の場合、最大レバレッジが最大888倍選択可能と、望みのハイリターンが可能となっています。また、それぞれ1.0pipsからであるスプレッドの平均は、USD/JPY=2.0〜2.5pips、EUR/USD=2.0pips前後、GBP/USD=3,0pips前後となっています。


入金の際、初回入金額の30%(最高USD 10,000)のボーナスを受けることもできるのが、XEマーケットの大きな魅力です。2回目以降も同様に、30%のボーナスを受けることができます。このサービスには複雑な申請の必要はなく、入金額が加算されると同時にボーナスも自動加算される仕組みです。

XEマーケットのボーナス加算には大きな特徴があります。通常、他業者ではボーナスが残高に加算されるため、引き出し条件のクリアーが判別しにくいというデメリットがありました。しかしXEマーケットでは、ボーナスがクレジットとして加算され、有効証拠金として合算されます。そのため、MetaTrader上からもボーナスと残高(引き出し可能額)の管理が可能です。心ゆくまでトレードに集中できる、XEマーケットならではの安心の秘密がここにあります。

さらにXEマーケットは、監査基準が最も高い英国FSAのライセンスを保有しています。ですから万が一の場合でも、顧客資産のうち最大20.000ユーロの保障が約束されています。海外FXブローカーとの取引を慎重に検討中のユーザーにも、iforexのように安心のトレードを紹介できるシステムとなっています。


 

一押し24オプション業者

  • FXに必要なものと言えば

    FX(外国為替証拠金取引)に必要なスキルは、専門知識に加えて、パソコンと英語 です。

    まず、実際のトレードはモニターにリアルタイムの値動き(チャート)を表示させ、必要に応じてパソコンで操作します。この操作に慣れるには、パソコンのス キルが高いほど早くなります。  

    一方、英語が必要になるのは、特に海外のブローカーを通じて、高いレバレッジの取引を行うときです。また、最近普及が進んでいる自動売買ソフト(EA)の制作者は、日本国外が多く、やりとりや情報収集には英語のスキル(読み・書き ・会話)が必要です。